馬なりNEWS

競馬情報のまとめサイトです。

カテゴリ: 中央競馬


【武豊も絶賛!?】小桧山悟調教師が異色の「ゴリラ写真集」を出版!

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2016/08/08(月) 12:47:17.02 ID:jq11yiYZ0
GOLILLAMYGOD.png
 現役のJRA調教師が、ゴリラの写真集を出版して話題となっている。タイトルは「GORILLA My GOD 我が神、ゴリラ」。帯には「異色の調教師
 ゴリラ愛炸裂!!」とある。あとがきの中にも記されている「天狗山」とも称される美浦トレセンの調教師スタンドで、小桧山悟調教師に写真集について話を聞いた。
 父親の仕事の関係で、1969〜1970年の間、ナイジェリアに暮らした経験がある。当時のナイジェリアはビアフラ戦争の真っ最中で、高校1、2年の多感な時期を戦火の中で過ごした。そのナイジェリアで、運命の出会いがあった。 「ナイジェリア・イバダン大学の中にある動物園に行った時に、飼育員が檻からゴリラの赤ちゃん連れてきて、抱っこさせてくれて…」
 直接ゴリラに触れる。滅多にない経験をした。毛むくじゃらの顔の中で輝くつぶらな瞳の虜になった。その後も時間を見つけては動物園に通い、ゴリラとの触れ合いは続いた。ゴリラの研究者になりたいという気持ちもあったが、同時期に出会った馬にも心魅かれた。やがて馬が仕事となって、40年近い歳月が流れ、その間、ゴリラへの思いは封印されていた。
 封印が解かれたのは、3年前だった。移動中の飛行機の中で機内誌にあったアフリカの「ゴリラトレッキングツアー」の記事を目にして、断ち切ってきたゴリラへの憧れが再燃。2013年夏、ツアーに参加した。それ以降、これまでアフリカには8回通い、標高2000〜3000m級の山で、小学生時代からの趣味のカメラを手にしてゴリラと向き合った。普段から馬と接していることもあり、ゴリラの動きは読めるというが、それでも「ピントが合うようになったのは去年。年数がかかった」と、緑が深く光の少ない山中での撮影の難しさを語った。
 訪れた場所の1つに、ルワンダにあるヴィルンガ国立公園がある。密猟などから手厚く保護されているその公園のゴリラのほとんどのグループは、“人づけ”が済んでいるため、人間を必要以上に気にかけないという。その場所のツアーのルールの1つに「原則7m以内には近づかない」という項目があるが、逆に言えば7mまでなら近づけるということ。撮影した写真は臨場感にあふれ、威厳に満ちた群れのリーダーをはじめ、表情豊かなゴリラたちが満載なのも頷ける。
 師は絶滅危惧種のマウンテンゴリラを「山の神」と呼ぶ。山から降りると必ず地元の村に立ち寄って、今度は「里の神」と呼ぶ子供たちの写真を撮影する。写真集には、純真無垢なとびっきりの笑顔の子供たちも掲載されている。また師の綴るゴリラトレッキングツアーのドキュメントは、まるでその地に同行させてもらったかのような錯覚すら覚える。
 想像以上に、内容の濃い一冊。人間臭く表情豊かなゴリラや子供たちの輝く笑顔が、猛暑に疲れた心身を優しく包んでくれるだろう。

GORILLA MyGod

価格:1,199円
(2016/8/8 18:34時点)
感想(0件)





続きを読む


【レパードS2016年(動画有)】2番人気グレンツェントがゴール前差し切り重賞初V!


 「第8回レパードステークス」(G3、ダート・1800メートル・晴・良)は7日、新潟競馬場11Rで行われ、戸崎騎手騎乗の2番人気、グレンツェント(牡3=加藤征厩舎、父ネオユニヴァース、母ボシンシェ)が、ゴール前で1番人気のケイティブレイブを差し切ってV。勝ち時計は1分50秒6。
 ケイティブレイブが好スタートからすんなりと先行。グレンツェントは中団からの競馬となった。
 ケイティブレイブが先頭のままレースは直線へ。このまま逃げ切り勝ちかと思われたが、ゴール前でグレンツェントがケイティブレイブをかわして1着でゴールした。
 レースを作ったケイティブレイブは首差の2着。そこから2馬身離れた3着にレガーロが入った。
 グレンツェントは、初の重賞制覇。全成績は7戦4勝。
 戸崎は「人気にもなっていたし、本当にうれしい。スタートも良く、思った以上にスムーズな競馬ができた。逃げた馬(ケイティブレイブ)が逃げた時に強いのは分かっていたので、とらえられる位置で運んだ。やっぱり、伸び脚はいい。最後は必ず伸びてくれると思っていた」と笑顔で振り返った。


【競馬】戸崎圭太>>>>>武豊が確定した件

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2016/08/07(日) 15:49:02.58 ID:BNq4mqPl0
見事な差し切りの戸崎




続きを読む


【小倉記念2016年(動画有)】2番人気サトノラーゼン7着 岩田康誠「反応してくれなかった」


 ◆第52回小倉記念・G3(7日、芝2000メートル、小倉競馬場、良)  11番人気の伏兵クランモンタナ(和田)が、2番手追走から直線で抜け出し、7歳夏にして重賞初制覇を果たした。勝ち時計は2分0秒0。首差の2着に、昨年も2着だった4番人気のベルーフ(ホワイト)。3着には5番人気のエキストラエンド(浜中)が入った。  岩田騎手(サトノラーゼン=7着)「何のストレスもなく運べたんですが、反応してくれなかった。ちょっとわからないですね」

【悲報】岩田康誠、完全終了へ

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2016/08/07(日) 15:59:31.92 ID:4r59AzoB0
もう1番人気で掲示板にすら載れない模様
完全に終わり




続きを読む


【競馬】リーチザクラウンの繋養先が社台SSへ!

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2016/08/05(金) 11:32:01.41 ID:AT/T2s0y0
 リーチザクラウンの馬主でもある西山茂行氏がリーチザクラウンの権利(1/2)を社台スタリオンステーションに売却、10月1日より繋養先が現在のアロースタッドから社台スタリオンステーションに変わる、と自身のブログで発表した。  2014年産駒が初年度産駒となるリーチザクラウンは7月31日終了時点のJRA成績では[5-1-1-7]勝率35.7%という高い数字を残している。
西山オーナーブログより




続きを読む


【競馬】武豊騎手、8月13日(土)から8月21日(日)まで開催4日間の騎乗停止!

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2016/08/06(土) 16:13:51.75 ID:EOusDokR0




続きを読む

↑このページのトップヘ