馬なりNEWS

競馬情報のまとめサイトです。

タグ:ドバイシーマクラシック


【競馬】ミルコ・デムーロ「ドゥラメンテは、落鉄がなければポストポンドに勝てていたと思う」

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2016/06/21(火) 06:12:33.48 ID:aRLI2omk0
【宝塚記念】最強は俺!ドゥラ、ドバイ敗戦を糧に証明

GIドバイシーマクラシックに出走したが、発走前に右前脚の蹄鉄が外れるアクシデントに見舞われた。蹄鉄の打ち直しができなかったため、裸足のまま出走。力走したが、ポストポンド(英)の2着に終わった。

「(落鉄で)ベストな状態で出走させることができなかったことは、悔いが残ります」
担当の橋本助手はそう振り返るが、「海外への輸送、環境の変化があった中で、走れる状態まで持っていけた」ことは自信になった。

騎乗したM・デムーロ騎手も「いい経験になったと思うよ。落鉄がなければ勝てていた?僕もそう思うよ」と評価している。
http://race.sanspo.com/keiba/news/20160621/ope16062105060004-n2.html




続きを読む


【ドバイシーマクラシック(動画有)】ドゥラメンテ落鉄で2着!ドゥラメンテとはなんだったのか

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2016/03/27(日) 01:34:35.57 ID:rA5EdGLR0.net
現地時間26日、ドバイ・メイダン競馬場で行われたドバイシーマクラシック(北半球産4歳上、南半球産3歳上・GI・芝2410m・1着賞金360万米$)に、日本のドゥラメンテ(牡4、美浦・堀宣行厩舎)、ワンアンドオンリー(牡5、栗東・橋口慎介厩舎)、ラストインパクト(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)が出走。レース前にドゥラメンテが落鉄(右前脚)し、打ち替えられずにそのまま出走するというアクシデントが発生。スタート後は、ワンアンドオンリーが好位につけ、ドゥラメンテとラストインパクトは中団後方から行く展開に。直線に入るとA.アッゼニ騎手騎乗のポストポンド(牡5、英・R.ヴェリアン厩舎)が一気に抜け出し、ドゥラメンテも懸命に追ったものの及ばず2着という結果となった。また、ラストインパクトはドゥラメンテに続く3着、ワンアンドオンリーは5着に入った。




続きを読む


ドゥラメンテ】レーシングポストの記者に中山記念の内容を低評価されてしまった件

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2016/03/02(水) 16:51:47.21 ID:/fBbE94h0.net
直訳すると日本語がくどくなる所もあったので多少崩しての意訳
「恐らく最もガッカリさせられたのは凱旋門賞前売りで一番人気になってるドゥラメンテだろうね。日曜の中山記念では、ただのG3勝馬アンビシャスに際どく詰められての勝利だった。ドゥラメンテは故障する前、去年の皐月賞やダービーでは奇妙な気性とかなりのポテンシャルを見せていた馬だ。しかしながら、日曜の中山記念ではその気性と素晴らしいポテンシャルの両方が失われていたね。公平に言って9ヶ月の休み明けだったわけだし、そりゃ今回付けたRPR120から今後数値を上げていくことを期待するべきだけど、凱旋門賞で67倍ぐらいかそれ以上を付けそうな程度の馬(アンビシャス)にほとんど負けそうになってるわけだから、今ドゥラメンテに付いてる凱旋門賞のオッズには疑問を持たざるを得ないね。13倍(ドゥラメンテの凱旋門賞の現オッズ)なんてオッズには全く何の魅力も感じないよ。特に日本馬は過去、少なくとも3頭はRPRで130台を獲得出来るような馬(エルコン、ディープ、オルフェ、ジャスタあたりだと思われる)を凱旋門賞に送り出して負けているわけだけど、ドゥラメンテは123以上すら一度も記録していない、オマケにレースは7ヶ月も先だ、13倍だって?いらないね」
ドゥラメンテについての原文は記事終盤
えらい言われようですがな


モッピー!お金がたまるポイントサイト


続きを読む


【競馬】ドゥラメンテ ドバイシーマクラシック1番人気 凱旋門賞1番人気

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2016/03/01(火) 09:15:04.32 ID:iq+48xd30.net
29日現在、英国の主要ブックメーカー(公認の賭け請負業者)で同レースのオッズを公開している社は少ないが、ベットフェア社では4倍で1番人気になっている。これに次ぐのがハイランドリール(愛=A・オブライエン、牡4)で4・5倍。同馬は香港ヴァーズ、米セクレタリアトSとGIを2勝し、仏ダービーで2着に入っている。また、凱旋門賞(10月2日、仏シャンティー、GI、芝2400メートル)でも大手ウィリアムヒル社が10倍で1番人気にしている。
ドゥラメンテ201602馬なりNEWS


モッピー!お金がたまるポイントサイト


続きを読む

↑このページのトップヘ