馬なりNEWS

競馬情報のまとめサイトです。

タグ:M.デムーロ


【アイビスSD2016年(動画有)】アイビスSD連覇のベルカントは年内引退!キズナと種付けへ!


1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2016/07/31(日) 17:42:52.03 ID:yuu732+c0
馬主のノースヒルズ代表・前田幸治氏が、ベルカントの年内引退を発表した。「来年はキズナを種付けします。産駒は距離が延びても大丈夫なように。クラシックを意識できるような子どもを期待したいですね」と、同じグループのダービー馬との配合で父子クラシック制覇の夢を追う。

 「枠が内でもスピードで押し切れると思っていました。きょうはミルコが考えて乗ってくれましたね。この後はサマースプリントシリーズのチャンピオンを狙います」とシリーズ連覇を力強く宣言した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160731-00000076-dal-horse




続きを読む


【ジャパンダートダービー(動画有)】ストロングバローズは7着!デムーロ「向正面で全然手応えがなかった。分からない。」

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2016/07/14(木) 00:54:16.13 ID:dWWpwqqA0
7着=ストロングバローズ・Mデムーロ騎手
「いいスタートを切れたが、向正面で全然手応えがなかった。分からない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160713-00000076-tospoweb-horse




続きを読む


【競馬】2歳王者リオンディーズ秋盾へ!3歳V目指す!

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2016/07/13(水) 11:03:00.45 ID:Iunyp4c30
 昨年の2歳王者リオンディーズ(牡3、角居)が天皇賞・秋(G1、芝2000メートル、10月30日=東京)を目指すことが分かった。
 角居勝彦調教師(52)が12日、明かした。「(菊花賞ではなく)天皇賞の方へ行こうかという話になりました。前哨戦をどうするかはこれからです」と説明。
 春の2冠戦で折り合いの課題を露呈したこともあり、3000メートルの菊花賞には向かわず古馬への挑戦を選んだ。ダービー5着後は北海道のノーザンファームへ放牧中。「順調みたいです」。
96年バブルガムフェローと02年シンボリクリスエスに続く、14年ぶり史上3頭目の3歳Vなるか注目される。




続きを読む


【戸崎圭太】今週100勝達成すれば史上5番目のスピード記録!

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2016/07/07(木) 13:18:23.43 ID:avl/LYs/0
 アルバートドックと新コンビを組む戸崎圭太騎手(35)=美・田島=は今年JRA99勝(5日現在)をあげ、2位のルメール騎手に6勝差をつけて全国リーディングのトップに立っている。
今週土曜(9日)に年間100勝を達成すれば、武豊騎手の5月29日(2005年)、6月26日(04年)、7月5日(03年)、7月8日(06年)に次ぐ、史上5番目のスピード記録となる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160706-00000521-sanspo-horse




続きを読む


【競馬】2冠馬ドゥラメンテが電撃引退!競走能力喪失で今後は種牡馬に!ドゥラメンテこれで引退って残念すぎない?

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2016/06/28(火) 15:44:59.52 ID:I3v1CrpI0
 昨年のクラシック2冠馬ドゥラメンテが29日、現役を引退することがサンデーレーシングのホームページで発表された。宝塚記念2着後、左前肢ハ行が明らかになり、栗東トレセンの診療所を経てノーザンファームしがらきへ放牧。経過を観察した結果、獣医師から競走能力喪失の診断が下された。今後は種牡馬となる予定。
 サンデーレーシング代表の吉田俊介氏は「レース直後に馬運車に乗せられた時、予後不良という最悪の事態も想定しました。競走馬としては無理だけど、種牡馬にするメドは立ちました。素晴らしい血統で種牡馬入りは義務だと思っていました。まだ痛みがあるので、ノーザンファームしがらきで様子を見ることになると思います」とコメント。
 皐月賞から5戦、手綱を取ったミルコ・デムーロ騎手は「とてもショックです。ドゥラメンテは僕がJRAジョッキーになって初めてG1(皐月賞)を勝たせてくれた馬。これほど強い馬に乗ったことがないし、世界の舞台で活躍できると思っていた。凱旋門賞が夢のまま終わってしまうのは悲しい。引退と決まった以上、種牡馬としてもモンスターぶりを発揮してほしいです」と話した。
しかもゴール後に躓いたのが致命傷になったとかさ。
宝塚記念をステップにして再び世界への道が開けるところだったのに。




続きを読む

↑このページのトップヘ